引越しと健康保険の手続き

引越しと国民健康保険の手続き

引越しの際は、人によっては国民健康保険関連の手続きも必要になります。

国民健康保険とは、病気やケガの際に安心して医療が受けられるよう、皆で医療費を出し合う「健康保険」「医療保険」の一つです。こちらは主に市区町村が運営しています。

国民健康保険の加入者となるのは、主に職場の健康保険組合に加入していない人。
これに該当する人は、引越しのときはこちらもお忘れなく。

国民健康保険に関しては、同じ区市町村内での引越しなら住所変更だけでOK。
しかしそうでなければ、一連の国民健康保険関連の手続きをすることになります。

引越しの際は転出届・転入届をそれぞれの役所で出すことになりますが、その際に一緒に国民健康保険の手続きもしてしまいましょう(ほとんどの場合はこちらから言わなくとも役所の窓口の方から告知してくれます)。

加入手続きの仕方

国民健康保険に加入している人が引越しをする場合、引越し先が違う区市町村ならば、引越しする時点で国民健康保険の加入者資格を喪失することになります。

引越し時の国民健康保険の手続きの第一段階は、転出時に行われます。
国民健康保険の保険証は、引越しとともにその効力がなくなりますので、一旦保険証を旧住所の最寄りの役所に返納しなくてはなりません。こちらの手続きは印鑑と保険証があればOKです。

引越し後も引き続き国民健康保険に加入したい場合は、転入先の役所に、転出証明書と印鑑、身分証明書(運転免許証やパスポートなど)を持参して手続きします。ただし自治体や場合によっては、これ以外にも持ち物が加わる場合もあるので、事前に役所に問い合わせてから出向けば失敗がありません。

引越しのときは、思わぬケガなども予想されます。国民健康保険に加入している人は、早めの手続きを心がけるようにしましょう。