引越し祝いの実際

引越し祝い

引越し祝いは、引越しをした人に対し、その周囲の人が贈るお祝いの品です。

引越し祝いは、あくまでもお祝いですから、同じ引越しでも、新築や昇進による転勤など、おめでたいケースに限られます。左遷や立ち退きといった、あまり気持ちの良くない引越しの場合には「引越し祝い」ではなく「餞別」として贈るといいでしょう。

引越し祝いは、「相手が自分とどのような間柄であるか」「どの程度離れたところに引越すのか」「どのような理由で引越すのか」といったことによって、その額も変わってきます。

引越し祝いの額(現金・品物)は、相手が友人・知人である場合、だいたい以下の額を目安にするといいでしょう。

・転勤:3,000円前後
・新築(新居の披露に招待されない場合):5,000円前後
・新築(新居の披露に招待された場合):7,000円前後

家族や親戚の場合は友人・知人のケースよりも高めで、転勤は5,000円以上、新築祝いなら3万円〜10万円くらいを目安にするといいようです。

引越しは何かとお金がかかるもの。
品物よりも現金のほうが喜ばれる傾向があるので、もしお祝いの品選びに困るようだったら、現金や商品券を贈るといいでしょう。

引越し祝いの品選び

引越し祝いの品選びに限らず、お祝いの贈り物は、よほど贈り物が好きな人でない限り、何を贈っていいものか結構悩んでしまいますね。

引越し祝い、基本的には相手の希望するものがいいでしょうが、日本人のことですから、遠慮して「気を遣わないで」と言われることも少なくありません。そんなときは、例えば植木やルームフレグランス用のアイテム、「先を照らす」という意味もあるルームランプなどといった、癒し系のグッズを贈るのもいいでしょう。また、上質でセンスの良いタオルも、実用面とインテリア性を兼ね備えていて、最適かもしれません。

引越し祝いも、冠婚葬祭同様、タブーがあります。
新居が壊れることを連想させるもの、特に火に関連したもの(暖房機器やライター、灰皿、ガステーブルなど)や、火を連想させる赤いものは避けたほうがいいでしょう。

それでもなかなか引越し祝いの品が決まらないようなら、商品券や現金でもいいかと思います。