引越しの挨拶

引越し先でのご近所への挨拶

引越しが済んだら、いよいよご近所への挨拶です。

ご近所への挨拶の際は、多くの場合、何か挨拶の品を持って回ります。この品はタオルや石鹸などが無難です。
この時「のし」をつけると、名前を覚えてもらいやすいです。

引越しで不安なのは、あなただけではありません。
近隣の人たちも、実は「どんな人が引越してきたのだろう」と多少は不安な気持ちがあるものです。
よって、なるべく早く、遅くとも引越しの翌日にはご近所への挨拶を済ませると、安心されます。

ご近所への挨拶に伺う先ですが、一軒家なら向かいの3軒と両隣。
集合住宅なら両隣と上下の階、そして管理人さん(大家さん)というのが一般的のようです。

引越し先でのご近所への挨拶は、今後の気持ちよい近所付き合いのためにも、とても大切なこと。
ご近所への挨拶は、面倒がらずにきちんとしておきたいものですね。

引越し前のご近所への挨拶

引越しの日取りが決まったら、旧居のご近所への挨拶です。

引越しの際は、何かとバタバタしてご近所の迷惑になることは避けられませんし、特に親しい近所付き合いをしていた場合は、お互いに寂しいもの。お世話になったご近所への挨拶は、きちんとしておきたいものです。

引越しの際の、旧居のご近所への挨拶は、新居のご近所への挨拶とは違い、挨拶の品を持って行くことはあまりありません。ご近所への挨拶は、通常は引越し2日前〜前日くらいがいいでしょう。

引越し前のご近所への挨拶はだいたい以上のような感じでいいでしょうが、特に親しくしていた家だけは例外です。
引越し直前に突然「引越します」ではあまりにも寂しいもの。引越しが決まった時点で、そのことを伝えておくといいでしょうし、挨拶の品を渡すのもいいと思います。