引越し荷造りの極意

引越しの荷造りのコツ

引越しで最も面倒なのは、何と言っても荷造り。
荷造りに関しては、人によって本当に向き不向きが分かれますね。

しかし、引越しの荷造りのコツを押さえてしまえば、案外スムーズに梱包・発送、そして荷解きができることと思います。

引越しの荷造りのコツの一例としては――

・タンスや棚などの収納家具は、中身だけ出しておけば、あとは引越し業者が梱包をしてくれる。自分で運ぶ場合は、引き出しや戸が引越し中に開かないように、テープや紐で止める。
・食器類などの割れ物は、新聞紙などに包んで丈夫で小さめのダンボールに入れる。割れ物の隙間にも新聞紙やダンボールなどを詰める。
・冷蔵庫は遅くとも引越し前日までに空にして、霜を取っておく。

引越しの荷造りのコツには、このほかにもいろいろあります。
荷造りは、引越しの一大イベント。引越しの荷造りのコツを押さえて、ストレスのない引越しを実現させましょう。

引越しの荷造りのコツ ‐ その2

引越しの荷造りのコツを押さえておくと、引越しにかかる時間がグンと短縮されます。

引越しの荷造りのコツの例としては、

・テレビ、ビデオ、DVDプレイヤー、コンポなどの、配線が比較的複雑な電化製品は、コードに番号をつけて、必ず本体と一緒に梱包する。衝撃に弱いものなので、エアキャップでくるむと良い。
・鉢植えの植物は、水が漏れなければダンボールに詰めることができるので、引越しが近づいたら、水は控えめにする。途中で倒れないよう、鉢植えの隙間には新聞紙などで詰め物をする。
・パソコンは、梱包する前にデータのバックアップを忘れずに。梱包の際は買ったときの箱を使うのがベストですが、それがなければ、エアキャップや厚手のタオルなどで他の荷物よりも厳重に梱包する。

引越しの荷造りのコツは、このほかにも、荷物の性質によっていろいろあります。
事前に引越しの荷造りのコツをネットなどで調べるなどして、引越しで生じる荷物のダメージを最小限に食い止めたいものですね。